アルバイトの採用担当者は、履歴書を30秒程度で斜め読みするだけですが、合否には明確な基準があります。
アルバイトの履歴書の評価ポイント
Contents

アルバイトの履歴書の評価ポイント

アルバイトの採用担当者は、履歴書を30秒程度で斜め読みするだけですが、合否には明確な基準があります。まず「自己PR」(あなたの強みや今、頑張っていること等〉を書く場合、文面に次のような内容が盛り込まれていると評価されます。

・高レベルの成功体験や挑戦体験を備えている人。・自社に必須の高レベルのスキルを備えている人。・ビジネス能力や資質が備わっていそうな経験と行動を持つ人。・複数の異なるジャンルで実績を上げてる人。ただし、高レベル(凡人にはできないレベル)の成功体験を備えている学生は1%未満ですし、逆に高レベルのスキルを必要とする企業も僅かで、実際はビジネス能力の有無が重要です。そして、Г志望動機」(なぜ当社なのか。どのように働きたいか等)の場合、次の条件を満たすと評価されます。・志望動機に根拠と強さがある人、ビジョンが明確な人。・志望企業の特徴や仕事内容を深く理解している人。

学生の中には、イラストを描いたり、写真を貼ったりして目立とうとする人もいますが、重要なのは、文章でしっかりアピールできる生き方をしてきたかどうかで、それがない人が、いくら目立とうとしていろいろ試みても評価はされにくいです。

Copyright (C)2021アルバイトの履歴書の評価ポイント.All rights reserved.