学生がアルバイトの採用選考時に心がけることはただ1つです。
アルバイトの履歴書の評価ポイント
Contents

アルバイトの自己PRを作ろう

学生がアルバイトの採用選考時に心がけることはただ1つです。それは履歴書、面接すべてにおいて、自分は人柄と基礎学力、ビジネス能力と献身性、志望動機の根拠・強さ・方向性の3つを備えた人材であることをひたすらアピールし、企業にこの学生はうちで活躍できると確信させることです。つまり、「自分の能力、志望意欲を相手に的確に印象づける技術」=「勝てる自己PR術」をマスターし、実践すること。それが、採用選考に向けて目指す目標になります。

まずは、確固たる自己PRの全体の骨組みを作りましょう。骨組みさえしっかりしていれば、面接でどんな質問をされても、慌てることなく、確実に採用担当者のハートに届く回答が作れます。自己PRが的外れにならないように、志望する会社がどんな人柄、ビジネス能力・知識を備えた学生を求めるのかをイメージすることが重要です。会社のホームページを検索して情報を整理しておきましょう。また、採用担当者は「本当にその能力があなたにありますか」と確かめてきますので、あなたはその能力が備わっている根拠をこれまでの経験を引き合いに出して実証する作業が必要です。なお、企業が求める能力は複数あるので、それらの能力ごとに、実証できる経験談を考えれるだけ用意しておくことが望ましいです。

Copyright (C)2021アルバイトの履歴書の評価ポイント.All rights reserved.